Posts

Showing posts from 2017

BBQ

Image
9月はONとOFFで多忙ですが、ワンダーデバイスライフエンジョイしてます。

この日曜日には子供とデッキ+庭でバーベキューをしてみました。

息子はいま3歳11ヶ月で一緒に遊ぶのが楽しくなってきてます。

最近はバーベキューしよう!ってよく言っていたので、天気も良かったし、妻は市のイベントの出店でいないので、子供と二人、家でバーベキューをしてみました。

庭でバーベキュー
とうもろこしや、秋刀魚、子供の好きなしいたけ等をBBQの焚き火台で焼きました。

同じ食べ物でも外で食べると美味しくて、食とビールが進みます。


デッキにはブルーシートが写ってますが、これは現在取り組み中の薪棚作成の資材を格納してあるため。薪棚はまた別の機会に投稿したいと思います。

ログストーンの塗装

Image
玄関へのアプローチに使っているログストーンを今日、ペイントしました。

ビフォーの写真では、ログストーンがかなり色あせて白っぽくなってしまい、枕木っぽくありません。

塗装前のログストーン
一枚だけ、色が違いますが、これは4月に試しで塗装したもので、少し塗装が剥げかかってます。


で、ログストーンを一枚ずつ上面、側面を買ってきたこげ茶色の塗料で塗ります。
塗装作業
炎天下のなかの作業で、塗料がすぐに乾くのはいいのですが、塗料の粘度が増すのもあって、凸凹した表面の溝に塗料が入って行かず苦戦しました。
2時間程かけてなんとか塗り終え、0.7Lの塗料は今回の塗装で使い切りました。
塗装完了
かなり濃い色になって、本物の枕木っぽい色になりました。
灼熱の日差しや紫外線、雨風に負けず、長いことこの状態が続けばいいけど。

初芝刈り

Image
2ヶ月以上前の5/23に植えた芝生ですが、日々の水やりはできてるけど、芝刈りは道具を準備してなかったため、そのままにしていたら伸び伸びになってしまいました。


ぐんぐん成長しているのはわかるのですが、見た目も成長の促進するためにも、芝刈り機を今回準備しました。

手動芝刈り機
電動工具と同じボッシュにしてみました。
電動でないので軽いし、値段もお手ごろ。

炎天下の中、デッキで汗かきながら5分ほどかけて組み上げます。

組み立て後
刈った芝生をキャッチする黒のボックスが別売りでこちらも一緒に準備しました。


早速作業してみると色々気づくことがあります。

芝が伸び伸びだったので、刈りカスが刃のところですぐに詰まってしまい、思ったより作業がはかどりません。でもこれは伸びすぎた今回だけの話だと思ってます。

刈った芝受けボックスは、刈りカスを全部キャッチするわけでなくおおよそ半分くらいだけ。風で飛ばされたり、刈った勢いのまま違う方向へ行ってしまったりで微妙です。まあ、ないよりはマシという感じかな。


いいところは、軽いしうるさくないので取り扱いが楽です。

芝刈り後
本当はBeforeとAfterの写真で芝刈り前後を比較したかったのですが、作業前の写真を撮り忘れました。印象的には、ボサボサだった状態からかなりサッパリした感じがします。


また、芝生の成長という意味では、2ヶ月以上前の芝張り直後の写真(下)と比べると、かなり変わったのがよくわかりました。

芝張り後の5/23時点
芝の密度も違いますが、緑色の色もかなり強く出ているので、ちゃんと成長してくれているのがよくわかります。

今後はもうちょっと頻繁に、月一ぐらいかな、芝刈りを定期的にやりたいと思います。

BESSからのプレゼント 3回目

Image
1週間程前ですが、BESSからまたまたプレゼントが送られました。

今回はこれです。

送られてきたプレゼント
開けるると、

開封後
これは収納や持ち運び状態なので、中身を取り出して広げると、

小型テント
なんと簡単折りたたみ式の小型テントでした。
本当の名前はサンシェードみたいな感じだったと思いますが、簡易テントみたいなやつです。


この種の簡易テントは公園やプールサイドでよく見かけます。実際2週間前に行った遊園地内のプールでは休憩スペースにびっしりと沢山の簡易テントが設置してあって、なんだか中国のプールを連想するようなウジャウジャ感が満載で、簡易テントって好きでなかったです。

でも、BESSのマークが大きくあって、ライトグリーンと紺的な色使いがBESSらしくて、いいデザインだと思います。


早速デッキで使って見ました。

デッキで広げてランチ
今回もいい感じのプレゼントでした。

いつもながら嬉しいです。

でも、引き渡し後の2年間だけプレゼントしてくれるそうで、ペースとしては半年に1回なので、残り1回かぁ。残念。

チェアーハンモック

Image
BESSのガジェットのチェアーハンモックを今回デッキに設置しました。


ガジェットといってもポイントでもらったものではなく、CAM WORKSから頒布価格で購入したものです。

注文してから、確認書類の返送などを経てからしばらくすると届きました。

縞柄チェアハンモック吊り下げ部品付き
設置場所は室内にするか、外にするか悩みましたが、デッキにつけることにしました。

付属の吊り下げ部品は、調べると単品で市販されてて、吊り下げ部品をもう一つ買って室内につければ、気分でハンモックの場所を簡単に移動できるので、今回はデッキに設置。


うちはワンダーデバイスのフランクフェイスなので、ベランダ下の梁が吊り下げ場所としてちょうど良さそうだし、少しくらいの雨だったらそれほど濡れないでしょう。

ベランダは奥行きが1.3mくらいありますが、チェアハンモックの横幅も同じくらいあって、子供が揺らして遊んでる時に、窓ガラスに当たるのを避ける為、梁の中心ではなくて窓から離れた場所に設置しました。

吊り下げ部品を固定
65mmの木ネジ3本で留めてます。
ネジの打ち込み方向と吊り下がっている時の力が加わる方向が一直線なので、抜け易くなり設置方法として良くないかと心配しましたが、専用吊り下げ具だし、一応130kgまで耐荷重があるらしいので、信じることにしました。

あとは紐を通して吊り下げるだけ。

設置完了
何回か乗るの多少伸びるので再度高さの微調整は必要ですが、いい感じに設置できました。


うちの子も、すぐに乗るのに慣れて喜んで乗ってました。

ハンモックからイエーイのポーズ
後で気付いたのですが、2017年7月のBESSカレンダーをよく見ると、同じチェアーハンモックがワンダーデバイスのデッキに吊り下がってました。なんとも偶然。

バッテリーチェンソー初斬り

Image
初めて、購入したバッテリーチェンソーを使ってみました。

最初なのでコツがまだわからず、慣れない手つきですが、記念にムービーを撮ってみました。

初めてのチェンソー斬り 【動画貼り直し:2017/6/28】
初斬りは自宅の駐車場で、薪割り用の丸太の上で挑戦しました。

切り口も綺麗で、切れ味も想像以上に良い。

切り口
作業の仕方は、説明書などで一通り理解したものの、実際に自分でやってみないとよくわかりませんでしたが、一度経験すると要領が分かってきます。

注意したのは、カットする面の延長線上に体を持ってこないこと。キックバックという怖い現象が発生してチェンソーが暴れても、怪我をする危険が避けられます。

また、安全のため、チャップスや手袋、ブーツもちゃんと着用。


それとムービーを撮った理由の一つは、騒音の程度がわかるから。

エンジンチェンソーは、音がうるさい為に住宅街ではとても使えませんが、電動のチェンソーはやっぱり静か。

イヤーマフが必要無く、音色は違いますが丸ノコとかの電動工具と似た感じの音量で、バッテリーチェンソーの恩恵のおかげで、問題なく住宅街でも使えます。

バッテリーチェンソー購入前は、どれだけの騒音を知りたくて調べようとしても、林業に関連する親戚や知人がいるわけでもなく、一部海外のムービーがあるだけでよく分かりませんでした。ムービーもカメラの設定で程度が左右するし、実際使ってみてどうなのかというレビューも見つけられなかったので、この投稿が、今後バッテリーチェンソー購入検討する人の役に立てばと思います。



今回は直径30〜40cm位の丸太を2回だけカットしましたが、スプロケットカバーを外してみると、想像以上にゴミが溜まってました。ちなみにカバーは工具無しで取り外しできるので楽です。

チェンスプロケット周りのゴミ
試し斬りのムービーで確認すると、斬り粉が大量に舞っているので当然かもしれません。

ガイドバーとチェンを外して、ブラシで綺麗にしました。

清掃後
清掃は毎回必ずしないといけないことが、今回の体験でよく分かりました。

使い慣れた人には当たり前のことばかりですが、自分でやってみると初めてのことばかりだったので、面白かったです。


チェンソー作業一通りやってみましたが、楽しいです。
これからも、安全には注意して、チェンソー作業、薪ストーブ活動を楽しみたいと思います。

IKEA マグネットボード

Image
週末の日曜日は、天気も良くないので、雨の心配がないIKEAに買い物。

目的は、玄関の収納棚の拡張するための棚板を購入することでした。
これも購入しましたが、それ以外では、以前展示場で見てから気になっていた壁掛けボードを今回購入しました。

展示場で見た話はこちら
スチールボードとして紹介しましたが、正式にはマグネットボードみたいです。

早速設置しました前後写真。

ビフォー
アフター
取り付けた位置はパーティーキッチンの脇で、窓側にしました。

展示場で見たのはシルバーを横2つ続けてましたが、全体の統一感から、キッチン収納棚などと同じ白にしました。

悪くないと思います。

早速、息子の作品(似顔絵や鯉のぼり)を貼って見ました。


取り付け穴については、展示場と同じく横に同じボードを繋げる時のための備忘録として記すと、取り付け穴幅は74cm(横置きの時)で、ボード側面から2cm、ボード上面から0.5cmが穴中心。

ちゃんと採寸して、取り付け穴の下書きしたので、失敗もなく短時間で終了しました。

なかなかいい感じなので、次回のIKEA訪問時も購入したいと思います。

芝生のエッジング

Image
週末は、芝生と敷石の境界をレンガで区分けするエッジングという作業を行いました。

これまでは、芝生エリアの境界には、単に土がむき出しとなっていました。
これだと、雑草対策の砂利が芝生に入ってしまったり、芝生の成長とともに拡大して欲しくないウッドデッキ下にも芝生が拡大してしまいそうです。

エッジング作業前
そのため、芝生張り当初より計画していた、エッジングを今回行いました。
作業内容としては、整地してからモルタル敷いてレンガを並べます。 言うのは易し、行うは難しで、1日で終わると見込んでたけど、2日もかかってしまいました。見積もり甘さがあり、今回もやはり思い通りに作業が進みませんでした。
エッジング作業後
時間はかかったものの、このエッジングでレンガによるラインができて、芝生エリアが明確になった印象ですっきしします。
また、芝生に砂利が混在してしまう恐れもなくなり、芝生の成長の意味でも安心できます。
芝生エリアの変化
写真左手には、ウッドデッキ下のレンガのラインがあり、エッジング後の様子がよくわかると思います。。

また今回の作業で、立水栓の手前にレンガを敷き詰める作業を合わせて行いました。
立水栓前のレンガ床
本当は、レンガの隙間に硅砂を埋める作業をしたかったのですが、ちょうどいい量の硅砂が近所のホーマックでは扱ってないため隙間あるまんまです。

今回の作業で庭のイメージがかなり思い描いていた形になりました。
1年前の、厄介もののイタドリという雑草で荒れていた庭から今の状態を考えると雲泥の差で、苦労した分だけ達成感があります。
【ラベル追加:2017/8/05】 芝生もなんとなく成長しているような感じがするので、今後が楽しみです。

1年点検

今日は1年点検がありました。

2016/6/16からほぼ1年経って、床などの傷や汚れはどんどん付きますが、それ以外には特に目立った問題もなく過ごせています。

ただ、最近はゴキブリが頻繁にでるようになって困ってます。


点検の方は、朝10時開始で、1時間ほどで終了しました。

来て頂いたフィールドスタッフの方は前回の半年点検の時と同じ方。息子も久しぶりにあって嬉しそう。

手直ししてもらったところは、玄関収納ドアのところだけで、床に引きづりがあったガイドみたいな金属のフックの位置を修正してもらいました。

残りは、メンテナンスの注意点の話で

玄関ドア下側にもガートンをスプレーする事玄関ドアの部材は一体ではなくはめ込みしてあるところがあるのでそこもスプレー屋内の扉の調整方法デッキやベランダの塗装 で、その他、デッキしたの掃除にはデッキの板を取り外してする事や、ハンモックの吊り下げ金具の取り付け方法、床の掃除は場合によってはスチーム掃除機で綺麗にするなどの相談とアドバイスをもらいました。


あっというまの1時間だったので写真も撮り損ねました。

でも特に問題なく過ごせ良かったと思います。
次回の点検は1年後。次回がまた楽しみです。

チェンソー購入

Image
土曜日午後は子供のスイミング終わってから、チェンソー買いに行ってきました。

行ったところは以前に薪割りハンマー買った時と同じSTIHLのお店で、あきる野市にあります。

最初は、欲しいと思っているモデルは店内に展示されてないため、注文してから後日購入するかと思ってましたが、聞いてみると倉庫から持ってきてくれて、「こちらです」って感じで用意されたので、予想外で今日買うことができました。

買ったのはこちら。

チェンソーと買った物や貰った物
モデルは、MSA200C-BQというバッテリーチェンソーです。

前回、お店に行った時はエンジンチェンソーを勧められましたが、結局バッテリーを選びました。

理由は、
静かなので家のそばでも使用することができる相対的には力が弱い(らしい)ので、万が一の時でも怪我が軽減できるエンジンの給油やエンジンオイルの混合などの煩わしい作業がない100Vで動くチェンソーと比べ、丸太入手現場での作業ところへ持っていける静かなのでイヤーマフが要らなくなり、気軽な帽子で作業できる っていうのが大きな理由です。

他に購入したのは、手袋とチャップス(脚部保護具)、それと潤滑油。


私がチャップスや安全靴を試着している間、妻はウチの子と店長の子供(?)の面倒見てたので、お礼で消費税分割引やキーホルダーを頂戴しました。

キーホルダー
それと、もともとはブーツを買う予定でしたが、やめました。

なぜなら最大のサイズ30cmであっても、脱ぐのがとても大変ということが試着でわかり、特に脱ぐのは手伝ってもらわないと脱げないという困り具合なのでやめました。

その代わりに、たまに仕事で使う安全靴を代用することにしました。


早く使ってみたいところですが、安全靴を準備するまではお預け。

でも、すっと悩んでたスチールのチェンソー、入手できてとても嬉しいです。

【修正: 2017/6/5】

芝生張り

Image
ずーと願ってたデッキ前の庭スペースに、やっと芝生を張ることができました。

本当はもっと早く芝を張りたかったのですが、できなかった理由は

除草が終わってない (地下茎で増える憎っくき雑草を、穴掘って根絶)頻繁な芝刈りが嫌なので、メンテナンスが楽な芝生の再販待ち の2つがありました。

除草はGW中にほとんど毎日、せっせと穴掘って地下茎を取り除く、文字通り根絶作業を少しずつ取り組み完了しました。

メンテナンスが楽な芝生というのは、ネットで見つけたこの芝生。

TM9
トヨタ自動車が開発した高麗芝の品種改良で管理が楽という特徴があります。
詳細はこちら

でも人気があるらしく、4月ごろからずーっと売り切れで、6月からやっと再販開始と案内されてたので心待ちにしてました。

ところが、はしごを買おうと行った近所のホーマックにTM9が売られているのを発見!!
なぜ、再販開始前にホーマックで売られているのかよくわかりませんでしたが、その場ですぐに購入しました。

買ってきたTM9
1束が約1m2分で、うちの庭スペースの広さをざっくり見積もって13m2買いました。


買ってきたら、このまま何日も放置するわけにはいかないので、週末のベランダ塗装をしているあい間を見つけて、芝張り作業をします。

手順は、ネットで調べたところ
①平らに整地
②芝を並べる
③目土をかける
④たっぷり水やり
って感じみたい。

最初の①整地は、本当はレーキという道具を使うのがいいらしいですが、たった一回しか使わないので自作。

手作りレーキ
要は平らな部分を地面に添わして、平らにならせれば良しなので、これでもOKでした。
こんなんでも意外に綺麗に平らになるので夫婦でびっくり。

平らにした庭スペース
なんとなく平らになってます。

それから芝を並べて、その上から目土をばら撒きました。

目土をばらまいた状態
それから水をあげて作業終了。

芝生張り直後
芝生のマットは一つ一つ厚みが違うのもあって、実際に張ると、出来上がりはかなり凸凹します。それでもなるべく平らになるように調整しましたが、きりがないので大体平らになったところで諦めました。

まあ、成長するにつれて馴染んでくるでしょう。多分。


ともあれ、こうやって芝生が張られるとかなり印象良くなって、庭っぽくなりました。
しかも、偶然の購入にありつけたので計画より早くできて満足。

これ…

塗装 ベランダ編

Image
先週末は3日間かけて、ベランダと玄関、それとウッドフェンスの塗装を行いました。
工程として、初日に水洗いして1日乾かして、2度塗りを2日かけるので、全部で3日かけました。

まず、初日はジャブジャブ水洗い。

水洗いしたベランダ
ベランダの塗装は今回が引き渡し後初めてでおよそ1年の汚れがあるので、ホースで水をかけながらデッキブラシでしっかりと洗います。

それから養生しますが、この養生がいつものことながら結構時間を取られます。でもこれをしっかりしないと、後々で余計なところも塗ってしまって後悔するので、手を抜かずにやりました。


ベランダの塗装前と1度塗り後、2度塗り後を比較してみます。

ベランダ塗装前
ベランダ1度塗り後
ベランダ2度塗り後
撮影した時間が違うためかもしれませんが、写真ではほとんど違いが見れません。

でも実際には、かなり塗装が剥げていた塗装前に比べ、確実に色は濃くなりました。それまでは、ところどころ塗装が取れて、ヒビや亀裂もありましたので、塗料が染み込んで木を保護してくれるに違いありません。


ほかには玄関も塗りました。

玄関塗装後
玄関収納エリア塗装後
玄関も同じ塗料を使っています。

使用した塗料(過去のブログより)
ちなみに従来、玄関はBRIWAXを使ってましたが、今回は外部用の塗料を使ってみたいと思ったので、ベランダやウッドフェンスと同じ塗料を使ってます。

また、今回の塗装はウッドフェンスも塗りました。

ウッドフェンス塗装後
ウッドフェンスも直射日光や風雨の過酷な環境だからか、ほとんど設置時に塗った塗料は効果も薄れて色褪せた感じだったので、かなり綺麗になりました。


写真では変化がイマイチわかりませんが、今回の塗装で色合いもよくなって、木の保護効果も復活したと期待してます。

いづれにしても、梅雨前に心配していたところのメンテナンス塗装が終了してよかったです。

BESS 藤沢

Image
今日はBESS藤沢へ行ってきました。
前回の訪問は年末だったので、およそ半年ぶりとなります。

今回の訪問は、ガジェットのチェアハンモックを購入したいと思って申し込みをお願いしたのですが、これについては届いて設置したら書きます。


今回の訪問で印象的だったことがいくつかあったので、それについて書きたいと思います。

①ピンさんの写真

展示場には下の写真のように有孔ボードが設置されてて、Wonder Deviceの特別仕様についてだったり、梺暮らし、それとBESSオーナーの暮らしというテーマで展示されてました。

展示場の有孔ボードディスプレー
その中のオーナーの暮らしには、よくみたらJoe Pinheadさんのブログでお馴染みのお家の写真が飾られてました。もっとみたら、キッチンで料理している様子の写真もあります。

オーナーの暮らし紹介ボード(真ん中にはピンさんの家の写真)
展示場でブログ知り合いの人が紹介されているなんてすごいって驚きましたし、このことを本人に(すでに知っているかもしれませんが)報告したい気持ちもあって、記憶に残りました。

ほんとココスヤシと鉄の柵が印象的なのですぐにわかりました。
ピンさんのブログはこちらです。

②啄木鳥通信

訪問の目的に啄木鳥通信をもらうこともあって、なぜなら、山やまさんが掲載された特集を読みたかったからです。

おおらかに生きるってことでこどもの落書きもそのまま受け入れてるって書いてあり、見習うところだなと思いました。

いつも元気に仲良く遊ぶお子さん2人や家族の様子など、楽しそうで羨ましい限りです。


③デスク

今の所、ウチではパソコンやその他読み物等をするデスクが無くって、全部ダイニングテーブルなので、デスクが欲しいとずっと思ってます。

そんな中、候補として無印良品のデスクがいいなーと予てより思ってたら、あきつログに使われていました。

無印製品で仕立てたあきつログハウスの子供部屋
フレームと足はスチール製、天板は木でできたシンプルなデザインです。

この展示のおかげで、デスクのデザインや木の壁との組み合わせもいいことが分かり、参考になりました。


他には炭酸水作りやティラノサウルスの巨大模型など楽しいことでいっぱいだった展示場でした。

Dultonで買い物

Image
5/3に町田のダルトンに行きました。

いままで使っていた屋外用のごみ箱だと、市の業者に回収されるまでカラスに荒らされるみたいで、その対策で蓋つきのごみ箱を買うためです。

ネットで事前に調べて、デザインや色、値段などを調べましたが、実際に手にとって確認してから買いたかったので町田へお出かけです。
このGWはずっと家で、庭の除草対策で穴掘りばっかりなので、気分転換も兼ねてます。

町田のD.F.Service
写真にも写ってますが、入り口側のプラスチック製トラッシュカン、早速色合いと大きさをチェックします。

このごみ箱でもカラスにいたずらされる様な場合でも蓋をロックできる様に、自分でロープとフックを取り付けて簡単に開かない様に出来そうなことも確認しましたので、このごみ箱に決定です。
色は緑の45Lというサイズバリエーションでは小さい方から2番目のやつです。


他には、いままでポーチで使っていたスチールラックを撤去して、スコップや掃除具などをしまう箱を代わりに置きたいと妻が言うので、スチール製の箱を2つ買います。

また、うちの子が、えらく気に入っていたレジ側のディスプレー棚に陳列されている、おもちゃの小さいカートや一輪車、ごみ箱を気に入って遊んでたので、一輪車を買ってあげました。

一輪車
一輪車に乗せているのは松ぼっくり。


あとは、ストライダー(子供用のペダルのない自転車)を壁掛けにするためのフックや、ほうきとチリトリを壁掛けにするフックなどを選んでましたが、また今度来た時に買うことにしました。


スチールラックをやめて、ごみ箱と収納箱を置いた、いまのポーチはこんな感じになりました。

さっぱりしたポーチ
ごちゃごちゃ感がなくなってスッキリしました。

洗面台収納棚

Image
洗面台下の空間に設置する棚を今回製作しました。

この収納棚、だいぶ前に妻から要望に挙がってましたが保留中でした。

でも2週間前に、昭島のモリタウンでセールでコンテナボックスを見にいきたいと言われたのをきっかけに、丈夫そうな作りとデザインから無印のラタンボックスを一気に購入したため、それを収納する洗面台収納棚を製作することになりました。

無印のラタンバスケット
大と中サイズを購入し、幅か奥行きが36cmなので収納棚に納めた時に、統一した幅なのでスッキリすると思い、このサイズを選択。

息子は、積み木のように重ねて遊んでました。


この翌週、設計して描いた手書き図面を基に、早速、材料購入+カット。妻と息子には塗装を手伝ってもらいます。

デッキで塗装中
んで、少しずつ組み立てていきました。



組み立ての過程
組み付けが終わって、洗面台の下に収めたところ、排水パイプに棚の一部が干渉してしまい、洗面台より棚が全面に出てしまうという、設計ミスが発覚。

棚が洗面台下から飛び出し
分かり辛いかもしれませんが、洗面台の手前位置より収納棚が手前になり、かなり手や顔を洗い辛いです。

しかし、すでに週末の作業時間は終わってしまい、対策は次週に持ち越し。


干渉するところは、排水パイプがクルッと回っているところでした。
一応干渉しない様に設計したつもりでしたが、設計ミスでした。

排水管のクルッとしてるところ
なので、ぶつからない様に設計を見直して、次週に対策します。

対策① 洗面ボウル裏側に沿った切り欠き
対策② 干渉部だけ背面横板を除去
で、やっと完成させたのがこちら。

8つの部屋に大と中のバスケットが入り、真ん中には体重計を入れられる縦長のスペースを確保してます。

完成した洗面台収納棚
参考のビフォーはこんな感じ。

収納棚設置前
この棚のおかげで、スッキリ綺麗に収納できます。
棚の前面位置は、洗面台の前面部より7cmくらい奥に位置してますので、洗面台の使いやすさはかなり良くなって、洗面台を使う時に足の指先が棚に当たって痛い思いするのが改善されました。

今回は、設計ミスによる追加作業ややり直しがあったため、次回は設計した後に検証する様に気をつけたいと思います。


とりあえず、イメージ通りの棚が出来てよかった。

【修正: 2017/4/12】